その他トンボ一齢幼虫の角状突起

このページの最終更新日は2005年7月29日です.


トンボの一齢幼虫の中には頭部に角状突起を持つものがいます.これらの角状突起は二齢幼虫 や三齢幼虫 になっても,まだ残っていたり,さらに大きくなるものもいますが,さらに齢期が進むとほとんどの種で角状突起はなくなります.この角状突起の働きはいまのところよくわかっていません.

モートンイトトンボ イトトンボ科

近畿地方に生息するイトトンボ科の1齢幼虫ではモートンイトトンボに,こぶ状の突起があります.他に目立つ突起を持つ種はありませんが,同属のヒヌマイトトンボにも低い突起があり,前から見ると角張って見えます.

オオヤマトンボ エゾトンボ科

 

アキアカネ トンボ科

アカネ属には小さい突起がある種がかなりあります.

マイコアカネ トンボ科